セックスワーカーのお悩み&お仕事お役立ち情報

風俗はお店選びがすべて!?自分に合った求人情報の見つけ方

目次

スマホやパソコンを使って、24時間、求人情報を手に入れることができる時代。しかし、「風俗 バイト」「風俗 求人」「風俗嬢 仕事」などのキーワードで検索すると、ネット上には情報が溢れています。「どのお店を選べばいいの?」「一体、何を信用すればいいの?」ウーマンコンシェには、風俗店や業種の選び方についてのお問い合わせが多数寄せられ、そんな疑問にお答えしています。

風俗の仕事には種類がある

一口に「風俗」といっても、さまざまな業態やコンセプト、ランクがあり、その仕事内容は多岐に渡ります。

人気の高い風俗業種

●性感エステ(回春エステ)

マッサージを受ける男性

マッサージやボディケアがメインで、最後の数分で性感部のマッサージを行うエステです。キスやフェラ、指入れなどがなく、トップレスもオプションで自由選択制の場合がほとんど。プロのエステ講師によるマッサージ指導や、資格取得をサポートしている店舗もあります。性感エステの中にも、メンズエステやマンションエステなど、さまざまな営業形態があります。

[こんな女性にオススメ]
・脱がない仕事がしたい
・エステティシャンやセラピストの副業、転職
・将来活かせるスキルを身につけたい

●デリヘル(デリバリーヘルス)

ドライバー

別称は出張型ヘルス。全国的に最もポピュラーかつ店舗数の多いヘルス形態です。お店を持たない無店舗型性風俗で、お客様の指定するホテルや自宅に伺ってヘルスサービスを行います。深夜営業や24時間の店舗が多数。集団待機ではなくカフェや自宅などで自由待機できたり、店舗専属のドライバーによる無料送迎があるので気楽です。90分や120分でのロングコースでの利用者が多いため、店舗型に比べると比較的に収入が高くなります。

[こんな女性にオススメ]
・深夜や早朝しか働けない
・お客様との移動を誰にも見られたくない
・集団待機が苦手、自由待機がいい

●ホテヘル(ホテルヘルス)

ホテル

ミナミやキタなど大阪市内に多い形態のヘルスで、事務所の近くのホテルに移動してサービスを行います。デリヘルと違って、店舗受付をするため、泥酔者やマナーの悪いお客様は利用を拒否。またモニターで事前にお客様の確認ができるため、知り合いを接客するというトラブルがなく安心です。

[こんな女性にオススメ]
・大阪市内で働きたい
・事務所の近くで仕事がしたい
・接客前にお客様を確認したい

●ソープランド

お風呂

「ソープ」と呼ばれる、店舗型風俗店。別称は、個室特殊浴場、個室付きサウナ、泡風呂など。風俗の王様と呼ばれ、他の風俗業種よりも確実に稼ぐことができます。ただし、ローションを使用したマットプレイ、潜望鏡、椅子プレイなど、テクニックが問われる部分も。大衆店、中級店、高級店とランクが上がるにつれて、高いサービスが求められるため、やる気と強い意志が必要となるでしょう。昨今では、特殊ソープランド(ソープエステ)という業態もあります。
※ちなみに大阪にソープランドはないため、関西圏でお仕事を希望する場合、勤務地は神戸の福原か滋賀の雄琴になります。

[こんな女性にオススメ]
・とにかく稼ぎたい
・安定した集客力を求める
・個人待機がいい

●店舗型ヘルス

シャワー

別称は箱ヘル、ファッションヘルス。店舗内のプレイルームでサービスを行うヘルスです。比較的に短めのコースが人気で回転率が良いため、短時間で集中して稼ぐことが可能。日の出から24時まで営業している店舗が多いため、朝だけ、夜だけなど、副業・Wワークの方も働きたいやすい環境です。

[こんな女性にオススメ]
・実績ある老舗で働きたい
・短時間で効率よく稼げる
・スタッフがそばにいる風俗店で働きたい

その他の風俗業種

  • 待ち合わせヘルス
  • マットヘルス
  • デリバリーエステ(派遣型エステ)
  • SM・M性感
  • フェチ・変態・マニア
  • イメクラ(イメージクラブ・ソフトイメクラ)
  • オナクラ(オナニークラブ)
  • セクキャバ(おっパブ・ハッスルパブ・セクシーパブ・2ショットキャバクラ)
  • ピンサロ(ピンクサロン・ファッションサロン・ファッションラウンジ)

こんなコンセプトの風俗専門店も

人妻・熟女:20代後半~30代を「人妻」、30代半ば~50代を「熟女」などと呼ぶ大人の女性専門店。

素人:純真で清楚。風俗業界新人の素人っぽさ、仕事慣れしていないウブっぽさを売りにしている。

ロリ系:妹系、萌え系、黒髪、美少女、JK、小柄、コスプレ、メイド、学園などがテーマ。

ギャル系:黒ギャル、白ギャル、キャバ嬢系ギャルが在籍。

デブ専・ぽっちゃり系:マシュマロ女子や横綱などと呼ばれる、おデブな肉厚女性が集合。

巨乳:巨乳・美乳・爆乳など、バストカップやおっぱいに自信がある女性を募集している。

貧乳:微乳、Aカップ、ペチャパイなど貧乳(小さい胸)が活躍中。スリム、スレンダーな女性が多い。

タトゥー・ボディピアス:タトゥー(刺青)やボディピアスの女性を集めたフェチ風俗。

外国人:在籍嬢はロシア、北欧・東欧、韓国、金髪、ブロンズなどの外国人。デリヘルが中心。

ニューハーフ:男の娘や女装っ子が在籍するニューハーフ専門店。

コスプレ:アニメ、ゲーム、漫画などのオタク系、スクール水着、セーラー服、ブルマなどコスプレで接客。

女子大生(JD):素人・業界未経験の女子大生を集めた風俗。

※店舗によってコンセプトの定義は異なります。

風俗アルバイトの情報を収集する方法

PCを使う女性

そもそも、風俗の求人情報を収集する手段には、どのようなものがあるのでしょうか。ウーマンコンシェをご利用いただいた風俗嬢のデータを元に、メリットとデメリットを書きます。

求人サイト

ネット社会の現代。インターネット上には、さまざまなセックスワーク(性風俗業)の求人情報サイトやお仕事のお役立ちサイトがあります。

【メリット】
自宅にいながら、手軽に求人広告をチェックできます。大型ポータルサイトでは、働きたい地域や業種、稼ぎたい金額など複数の条件で絞り込み検索も可能。簡単な登録作業をすると、希望条件に近いお仕事のオファーが届くサービスを行うサイトもあります。

【デメリット】
ネットの風俗求人量は膨大。嘘や誇大広告も万延する中で、真実を見極めるのは至難です。詳しくは、次項に書いています。

求人雑誌

セックスワークの求人情報は、タウンワークやフロム・エー、JOBアイデムなど、巷で見かける一般求人雑誌には掲載されません。しかし、水商売や風俗、アダルトプロダクションを取り扱った高収入専門の求人雑誌が存在します。

【メリット】
インターネットが普及する前は、風俗アルバイト情報を収集できるのは求人雑誌のみだったため、老舗店舗の掲載も多く見られます。ネットに比べて情報が規制されているため、真実が多いと思われます。

【デメリット】
一ヶ月に一回の発行のため、情報にタイムラグが発生することも。また、掲載費用の関係で、情報掲載している店舗数も限られます。

スカウトマン

映画『新宿スワン』で取り上げられて、一躍有名になった風俗スカウトマン。大阪では、梅田、京橋、十三、心斎橋、難波、日本橋など大阪市内の繁華街に出現するといわれています。

【メリット】
スカウトマンが風俗店に連れて行ってくれるため、自ら求人広告や雑誌で仕事を探す手間が省けます。

【デメリット】
スカウトマンを通して風俗店に入店した場合、稼ぎから数%、スカウトマンに支払われる(スカウトバック)仕組みになっています。また、スカウト行為は条例によって禁止されている地域もあり、違法行為への加担は、社会に反する行為であるということもお忘れなく。

友人紹介

【メリット】
紹介してくれた友人と入店した本人に現金がプレゼントされる、友人紹介キャンペーンを実施している店舗も多数。信頼する友人が紹介する風俗店には安心感が持てます。

【デメリット】
友人がお店とトラブルになって退店した場合、自分の立場が不利になるというデメリットもあります。また、同じ職場で働くということは、指名争いになることも避けられません。

風俗求人の嘘や誇大広告に注意!

お金と電卓

風俗嬢の体験談やお店の口コミなど、ネットの情報を信用しがちですが、感想には個人差があります。求人応募して面接に行くと、そのお店が存在しなかったという事例も。情報があふれているからこそ、真実を見極めて、上手に取捨選択するスキルが求められます。

風俗求人に嘘が多い理由

一般企業に比べると、風俗やアダルト業界で働く決断をする女性の数は多くありません。店舗側は女性を面接に呼び、働いてほしいという思いでいっぱい。そのために、敷居を下げているかのような、甘い誘惑や罠を仕掛けるのです。

風俗求人に万延する嘘

・日給3万5千円以上

風俗求人広告のほとんどが、募集要項のお給料欄に「3万5千円以上」と表記しています。これは、求人広告サイト側の掲載規定により、日給表記の上限が3万5千円と定められているため。掲載店舗側は稼げるように見せるために、とりあえず3万5千円の表記をしている場合もあります。
掲載規制のない求人サイトでは、日給5万円や10万円の高額記載を見かけることもありますが、超高級店のトップランカークラスでなければ、非現実的な金額です。

・脱がない、舐めない、触られない

風俗業界の「3ナイ」と言われ、オナクラ店の求人広告などによく見られる表記です。ソフトサービス専門店と謳っていても、実際には脱いだり、フェラしたり、ボディタッチを許可しなければ稼げないというケースも。セックスワーカーとして稼ぐためには、ある程度の割り切りも必要になります。

・入店祝い金プレゼント・日給保証あり

いわゆる「釣り広告」の場合が多数。祝い金や保証をもらうためには、最低出勤数や売り上げ金額などの厳しいノルマが課せられることがあります。

優良な風俗店の見分け方

PCとスマホ

店舗の営業サイトをチェック

PCやスマホを使ってお仕事検索。求人情報サイトでいいなと思う店舗を見つけたら、指名検索※で営業サイト(男性のお客様向けサイト)をチェックしましょう。サイトを持たない店舗は、実際には存在しない架空店舗(ダミー店舗)の確立が濃厚のため要注意!営業サイトを見れば、お店のコンセプトや料金設定を知ることができます。

※指名検索…GoogleやYAHOO!などの検索サイトの検索窓に、風俗店名や会社名などの固有名詞を入力して検索することです。例えば、店名が「みるくパフェ」の場合、検索窓に「みるくパフェ」と入力して検索ボタンを押しましょう。

大阪の風俗店のお給料(バック率)は、一般的にお客様の利用料金の50%~60%と言われています。異常に高いお給料を謳っている求人募集には注意しましょう。お客様の利用料金が60分10,000円なのに、女性のお給料が60分10,000円と書かれていたらアウト。実際には60分5,000円~6,000円しかもらえないはずです。

女性の出勤人数が多い風俗店を選ぶ

女性の出勤人数が多いということは、お店が繁盛していて、回転率が良いという証。風俗の利用者は新人好きで、いろいろな女性を指名して飽きずに遊びたいという方がたくさんいらっしゃいます。しかし、サイト上では出勤人数が多く見えても、架空の女性を在籍しているように見せたり、出勤していない女の子を出勤しているように見せるお店もあるので注意しましょう。では、どのように注意すればいいかは次項にて。

女性の写メ日記をチェック

写メ日記とは、風俗業界大手求人ポータルサイト「ガールズヘブン」のプロデュースする、風俗嬢専用の日記です。写メ日記が存在しているということは、女性が実在する証拠。更新頻度も合わせてチェックしましょう。

実際、膨大な風俗求人から自分に合うお店を探すのは至難

コンシェルジュと相談者

風俗業界は、嘘も真実も玉石混交。自分が稼げる(自分のタイプと風俗店のコンセプトとがマッチしている)お店を選ぶことが重要です。まずは応募して、面接や見学で実際にお店を見てから決めましょう。

とはいっても、未経験のセックスワーカーは特に、膨大な数の求人情報の中から自分に合ったお店を探すのは至難。風俗やアダルト業界に精通したコンシェルジュに相談してみるのも一つの選択です。
ウーマンコンシェでは、ワークコンシェルジュが女性お一人ひとりと面談し、目標金額やスペック(容姿、性格)と相談した上で、目標達成に近いお店や業種をご提案します。

コンシェルジュに相談してみる

記事投稿日:2016.02.05

お悩み解決&お役立ち情報 TOPへ戻る

関連するコラム