セックスワーカーのお悩み&お仕事お役立ち情報

【決定版】風俗面接まとめ~よくある不安・悩みすべて解決~

目次

1. 面接までの準備・心構え
風俗の面接に必要な持ち物は身分証だけ
どんな服装やヘアスタイルで行けばいいか
その他、事前にチェックしておくこと
2. 面接当日について
まずはスタッフと待ち合わせ
面接官ってどんな人?
面接ではこんなことを聞かれる
面接の合否
3. 万が一、不採用になってしまった場合は
不採用の理由を考える
面接合格、採用されるために
無駄面接を減らしましょう

「風俗店の面接の持ち物は?」「面接官って怖いの?」「面接で裸になるの?」
皆さまからの風俗店の面接に関する質問にお答えするべく、求人応募から面接予約、面接、そして入店までの、一連の流れについて詳しくまとめました。

1. 面接までの準備・心構え

風俗店に求人応募して、担当者から面接予約確定の連絡が来たら、面接当日までに万全の準備をしておきましょう。

風俗の面接に必要な持ち物は身分証だけ

パスポートと英字新聞

一般企業の面接時には、履歴書や職務経歴書の提出が必要になりますが、風俗では不要。なぜなら、風俗店が学歴や職歴、資格を採用基準としないためです。重視されるのは、人柄や容姿。お店の雰囲気やコンセプトに合うかどうかで合否が決まります。ただし、高級店では稀に履歴書の提出を求められる場合があるので、事前に確認しておきましょう。
履歴書不要で気軽に求人応募できる業界ですが、たった一つ、面接時の必須品があります。それは、公的身分証(身分証明書)。身分証がなければ、風俗店に入店することはできません。

なぜ身分証が必要なのか

「法律によって定められているため」

風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)という法律によって、風俗店での面接の際には、身分証の提示が義務付けられています。
したがって、身分証を確認しない風俗店は違法店。面接当日に身分証を提示できない女性に対して「じゃあまた今度持って来て」と言われた場合も、ブラックの可能性が高いので要注意しましょう。

身分証のチェックポイント3つ

1.本人確認

まず面接官は、応募者が本人であるかどうかの確認を行います。そのため、顔写真付きの身分証が必要になります。

2.年齢確認

次に確認されるのは生年月日。風俗店で働けるのは、18歳以上(高校生不可)からと決められています。これは、ヘルスやソープといった風俗店だけではなく、キャバクラやスナックなどの水商売や、パチンコ店やダーツバーなど娯楽施設の風営法が適用される職場でも同じ。18歳未満の女性を採用して働かせた風俗店は摘発され、営業停止処分と刑事処分を受け、働いた女性にも前科がつく可能性があります。

3.本籍地確認

日本籍の場合は問題ありませんが、外国人が風俗店で働く場合は、外国人登録証または在留カード(永住権付き・定住者・永住者)が必要になります。

身分証として認められているもの

1点の提出でOK
  • 自動車運転免許証
    ※原付免許でも可
  • パスポート
    ※ICチップ搭載の新型免許証は不可
  • 住民基本台帳カード(住基カード)
    ※本籍・生年月日が記載されているもの
2点以上の提出でOKの場合があるもの
  • 健康保険証
  • 住民票(住民基本台帳) ※本籍が記載されているもの
  • 戸籍謄本
  • 社員証
  • 学生証
身分証として認められていないもの

以下は、正式な就労資格が確認できないため、万が一、警察の監査が入った場合には摘発されてしまいます。

  • 卒業アルバム
  • クレジットカード
  • 貯金通帳
  • 診察券
  • レンタルビデオ店の会員証
  • 公共料金の領収書

身分証のない方必見!1日で取得できる身分証は住民票

住民票のイラスト

住民票は、住民登録をした市区町村役場やサービスカウンターにて、1通あたり手数料(150円~450円)で申請することができます。混み具合にもよりますが、所要時間は10分程度です。

【大阪市サービスカウンター】
梅田サービスカウンター
大阪市北区梅田一丁目大阪駅前 ダイヤモンド地下街2号(ディアモール大阪B1)
難波サービスカウンター
大阪市中央区難波一丁目9番7号(地下鉄なんば駅構内B1)
天王寺サービスカウンター
大阪市天王寺区堀越町アベノ地下街6号(あべちかB1)
窓口で受け取る場合に必要なもの
● 本人
印鑑(自署の場合は不要)
請求者の本人確認書類
● 第三者(代理人)
委任状(代理人が本人と同一世帯に属する場合は不要)
代理人の本人確認書類
郵送で受け取る場合に必要なもの
  • 請求書
  • 切手を貼付した返信用封筒
  • 手数料(郵便局の定額小為替)
    ※切手は手数料として利用できません。
  • 本人確認書類の写し
    ※郵送は、処理期間に10~15日を要します。
    ※本人確認書類については、大阪市のページをご参照ください。
大阪市のコンビニでの発行も可能

住基カード(住民基本台帳カード)、マイナンバーカード(個人番号カード)を利用すると、コンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン、サークルK、サンクス、ファミリーマート)のマルチコピー機設置で住民票の写しが発行できます。
※大阪市に住民登録があり、個人番号カードまたは、事前にコンビニ交付サービスの利用登録をされた住基カードをお持ちの方に限る(大阪市ホームページより)

どんな服装やヘアスタイルで行けばいいか

ヘアセット用品

風俗店の面接で、面接官に好印象な服装やヘアスタイルをご紹介します。

服装

一般企業の面接のようなビジネススーツでかしこまったり、反対に、キャバ嬢のような胸元の開いたセクシーなドレスを着たり過剰なアクセサリーを身につける必要はありません。とはいっても、デニムやスウェット、サンダルなど、ラフでカジュアルすぎるものはNG。靴はスニーカーよりヒールが好まれます。男性とのデートを意識して、清潔感や女性らしさにこだわったコーディネートを心がけましょう。

面接当日に体験入店を希望する場合は、上下揃った下着(ブラ&ショーツ)を着用してください。Tバック着用が必須の店舗もありますので、事前に確認しておきましょう。

メイク

キャバ嬢のような派手なメイクをする必要はありません。ノーメイクはNGですが、あくまでナチュラルに、あなたの良さを引き出してください。ネイルやカラコンは自然なカラーが無難です。メイクの仕方がわからないという新人風俗嬢のために、ウーマンコンシェの女性コンシェルジュによる無料メイクサポートも可能ですので、事前にお伝えください。

髪型

メイクと同じで、派手なスタイルは求められません。風俗では、せっかくセットアップしても、お仕事中に崩れてしまうことがあるため、巻き髪や手の込んだセットアップをする必要は皆無。ただし、ボサボサは悪印象なので清潔感を意識しつつ、あなたに似合ったヘアスタイルにしましょう。黒髪専門店でない限り、茶髪や金髪でも働ける職場は多数あります。

その他、事前にチェックしておくこと

スマホで検索

お店のホームページ

スマホやパソコンでお店のホームページにアクセスして、店舗のコンセプトや料金設定、オプション、どんな女性キャストが在籍しているのかをチェックしておくと、お店のイメージや雰囲気が掴みやすくなります。

面接場所・面接時間

店舗と面接場所が違うことがあるので、事前確認が必要です。また、当日の遅刻は厳禁。時間を守るのは最低限のルールですので、約束時間の5分前には到着するようにスケジュールを立てておきましょう。

交通費について

面接場所までの交通費が支給されるかどうか確認しておきましょう。全額負担、片道負担、スルッとKANSAIプレゼント、支給なしなど、待遇はお店によってさまざま。遠方からの面接や出稼ぎアルバイトの場合は、交通費支給がなければ、お財布の中に多めにお金を準備しておく必要があります。

2. 面接当日について

道頓堀戎橋

まずはスタッフと待ち合わせ

面接当日は、事前に面接予約の電話やLINEで決めた場所で待ち合わせします。面接場所は、風俗店の事務所か、事務所近くの喫茶店など。出張面接を行っている店舗もありますので、どうしても面接地まで行けないという方は、スタッフに相談してみましょう。平均所要時間は1時間程度です。

待ち合わせ方法は2通り

● 面接場所で直接待ち合わせ

面接者が面接場所(風俗店の事務所、または事務所近くの喫茶店)を直接訪れるパターン。

● 駅や面接場所付近で一旦待ち合わせ

駅や面接場所付近で待ち合わせ。迎えに来たスタッフと合流して、車や徒歩で一緒に面接場所まで行くパターン。

スカウトマンに注意

面接予約の際に指定された場所で待機していると、「お待たせしました」「面接の方ですよね?」と、あたかも約束していたかのように話しかけてくる人がいます。彼らの正体は、風俗スカウトマン。これから風俗店の面接に行く女性を横取りして、自分の贔屓にする風俗店へ連れて行こうとする悪質な手口です。見ず知らずの人に声をかけられても、気安く着いていかないようにしましょう。

【スカウトマンとは】

別称は「キャッチ」。道行く女性に声をかけて、風俗店に入店させることで収入(スカウトバック)を得ています。

【大阪でスカウトマンの多い場所】

梅田・泉の広場・兎我野・太融寺・堂山・阪急東通商店街・十三・京橋・日本橋・難波・心斎橋・アメリカ村・道頓堀

面接官ってどんな人?

ネクタイを締める男性

「風俗の面接官ってどんな人?」「怖い人が出てきたらどうしよう」という声が寄せられることがあります。風俗店で面接を担当するのは、店長やマネージャー、オーナーが一般的。面接者のやる気や、お店のカラーに合うかどうかなどを見ます。
ちなみに、風俗業界のバックには暴力団がヤクザがいると疑う女性もいますが、それは昔の話。実際には、そういう店舗もあるようですが、昨今では一般人が経営する店舗がほとんどです。どうしても、面接を検討している店舗がクリーンかどうか確かめたいというときは、ウーマンコンシェまでお気軽にご連絡ください。

面接官を女性スタッフに指名できたり、友人の同席面接を許可している店舗もありますので、求人応募の際に確認しておきましょう。

こんな面接官には要注意!

これまでウーマンコンシェのコンシェルジュに寄せられた、信じられないような面接体験談をご紹介します。

暴言や罵声を浴びせられた

入店を拒否した途端、それまでやさしかった面接官は豹変し、暴言や罵声を浴びせられたそうです。常識に欠ける面接官のいる風俗店では働かないようにしましょう。

面接だけで帰らせてくれなかった

あの手この手で引きとめられ、面接後にお仕事させられてしまったという話も。面接当日に働くかどうかは、女性が自由に選択できます。

服を脱がされた

タトゥーや妊娠線、大きな傷があるかどうかの確認をするために、下着になるように指示されることはあります。ただし、服をすべて脱いで裸にさせるような風俗店は異常です。

無理やり実技講習させられた

ソープでは実技講習を取り入れている場合もあるようですが、ヘルスではDVDやマニュアルによる講習が一般的です。スタッフとセックスさせられることは、まずありません。

面接ではこんなことを聞かれる

手帳にメモする男性

風俗の面接の際に、面接官からよく聞かれる質問をまとめました。

● 店舗を知った経緯

風俗に限らず、どの職種でもよく聞かれる質問の一つ。面接官は、「何がきっかけで店舗を知ったのか」=「どのように情報収集をしているのか」「なぜ当店に応募したのか」などをチェックしています。

● 風俗・アダルト業界で働いた経験の有無

風俗業界未経験の場合でも、スタッフの指導やマニュアル等ですぐにお仕事を覚えられるため、まったく問題ありません。また新人風俗嬢は男性に人気が高く、指名が取りやすいというメリットもあります。経験者は待遇やお給料の優遇を受けられることもありますので、経験の有無は正直に伝えるのが良いでしょう。

● 目標金額

「いつまでの期間に、どのくらい稼ぎたいか」というのは、風俗の面接でほぼ100%聞かれる質問。目標を聞くと同時に、お仕事に対する熱意や前向きな姿勢かどうかにも注目しています。大きな金額でも、目標や野望を正直に話しましょう。お店のスタッフも、目標金額に合わせた出勤プランを提示してくれるはずです。

● 勤務時間や出勤頻度

風俗店はたいていの場合自由出勤制度ですが、お店の都合やイベントのスケジュール調整もあるため、予め勤務時間や出勤頻度を聞きます。「1日○時間」「週に○回」「早朝・深夜のみ」「終電まで」「学校帰り17時から」など、希望をしっかり伝えましょう。

● スリーサイズ

身体を使ったお仕事のため、避けて通れない質問です。面接で答えた内容がプロフィールに掲載される場合もあるので、サバを読まず、なるべく正直に答えることをおすすめします。

・NGプレイ

入店後に「こんなはずじゃなかった」ということがないように、「キス ○」「オールヌード ○」「フェラ ×」など、できること・できないことを面接時にはっきりしておきましょう。

● NGエリア

デリヘル(デリバリーヘルス)の場合、事前にNGエリアを指定しておくと、そのエリアへ派遣されることを回避できます。家族や知り合いにバレたくないという方は、自宅や職場付近を設定しておくことがおすすめ。

● 源氏名

源氏名とは、お仕事上で名乗る偽名のこと。面接当日にお仕事を希望する方は、前もって決めておく必要があります。身バレを防ぐためには、本名とかけ離れたものにする女性が多数。難しければ、店舗スタッフと一緒に考えましょう。

面接の合否

一般新卒求人とは違って、風俗では面接当日にその場で合否が決定し、合格の場合は即日採用となります。「2、3日中に連絡します」と言われた場合は、不合格・不採用と考えたほうが良いでしょう。おそらく2、3日経っても連絡は来ません。

ここだけの話、風俗の面接では、面接官の個人的な好みによって合否が左右されることがあります。不採用になってしまっても、結果を気にして自己嫌悪になったり、落ち込む必要はありません。「たまたま相性が悪かった」と割り切って、次の面接に切り替えましょう。

3. 万が一、不採用になってしまった場合は

困り顔の女性

よくある不採用の理由

「なぜ不採用になったのか」「何がダメだったのか」まずは、自分を省みることが大切です。面接官は、お店の信頼を傷つけたり、売り上げにつながる期待が持てない女性は採用しません。以下はお店の従業員が口にする、よくある不採用の理由です。

● 志望動機が曖昧

志望動機や目標金額を聞かれて、「なんとなく」「特に目標はない」といったニュアンスの受け答えをしていたら、おそらく採用は難しくなります。

● 清潔感がない

接客業ですので、不潔だったり、だらしない服装や身だしなみは相手に不快感を与えます。

● 遅刻

風俗の面接でも、一般企業と同様に遅刻は厳禁。面接官に、「この女性は、お仕事にも遅刻するかもしれない」という不安を抱かせてしまいます。

● お店のランクと容姿レベルが合致していない

高級店などでは、お客様のお支払いする金額も高い分、働く女性にもモデルクラスの容姿端麗さが求められます。残念ながら、容姿レベルが採用基準に達していなかったのかもしれません。

● お店のコンセプトと容姿が合致していない

風俗店は、各店舗ごとにテーマやコンセプトを掲げて営業しています。「貧乳なのに巨乳専門店に応募した」「40歳なのに若専(若い女性専門店)に応募した」これでは採用されるはずがありません。

● 応募者多数

多数の応募があり、在籍人数にも困っていない店舗であれば、容姿レベルの高い女性や、他店ので活躍していたランカーしか採用しないということもあります。

● 店長の好み

不合理な理由ですが、そんなこともあります。

面接合格、採用されるために

チェックポイント

風俗の面接で、面接官の心を掴んで採用してもらうために、おさえておきたいポイントをまとめました。

● 「絶対に働きたい」という意思表示をする

風俗嬢は、生半可な気持ちではできないプロフェッショナルな仕事。そのため、「絶対に働きたい」「絶対に稼ぎたい」という強い気持ち、仕事に対する姿勢やモチベーションが重要な採用基準になります。「どのくらいの期間でいくら稼ぎたいのか」「月にいくら必要なのか」目標をしっかり伝えましょう。

● 時間厳守。最低限のマナーは守る

時間厳守は社会人としての必須事項。面接開始時間の10分前には待ち合わせ場所に到着できるように逆算して、余裕を持って行動しましょう。万が一、交通機関の事情により遅れる場合には、面接担当者に連絡して事情を説明しるようにしてください。

● 態度や言葉遣いに気をつける

「よろしくお願いします」「ありがとうございました」元気に挨拶できるか、愛想よく振舞うことができるか、会話は噛み合うかなどが重要視されます。風俗は客商売なのでファンを増やすような、おもてなしの心や気配りがなければ稼げません。

● 清潔感ある服装・身だしなみを意識する

風俗の面接でも一般企業と同様に、第一印象が肝心。どんな服装やヘアスタイルで行けばいいかを参考に、清潔感や誠実さの伝わる服装や身だしなみにこだわりましょう。

「前回の面接はジーパンとスニーカーのスタイルだったが、次回はワンピースとヒールに変えたら受かった」このような女性もいます。

● お店のランクやコンセプトをリサーチする

自分の容姿や性格を自己分析して、身の丈に合わせたお店選びが採用につながります。まずは店舗営業サイトをチェック。お店のテーマやコンセプト、雰囲気を確認しましょう。ランクが知りたい場合は、在籍女性一覧ページで女性の写真を見れば、おおよその採用基準が分かります。

●「面接官は所詮男性」と思い込む

風俗の面接官は男性が多数。風俗店を利用するお客様と同じ目線を持っていることを意識しましょう。

無駄面接を減らしましょう

写メール面接(写メ面接)の活用

スマホを触る女性

写メール面接(写メ面接)とは、携帯電話やスマホから写メールを送って、自分が採用基準に達しているかどうか確認すること。一般企業の書類先行のようなものです。地方や田舎に住んで面接地まで気軽に行けない方、仕事が忙しくて面接の時間がとれないという方におすすめ。また、タトゥーや妊娠線があったり、容姿レベルに自信がないという方も、事前に写メール面接を受けておけば、「せっかく面接に行ったのに、採用してもらえなかった」ということはなくなります。

【写メ面接合格!上手な自撮りテクニック】

● 背景はシンプルに
シンプルな背景は表情を引き立てます。とくに、白い背景の前では肌を美しく見せることができます。

● 視線にこだわる
レンズより少し上を見ると(上目づかい)、瞳孔が開き、明るい印象に写ります。顎は引くようにしましょう。

● ホワイトバランスで明るさ調整
ホワイトバランス機能のレベルを上げることで、肌を白くキレイに見せることができます。ただし、面接時に「写メと実物が違う」なんて思われないためにも、「やりすぎ」には注意。

自分に合ったお店を選びましょう

まずは自己分析してみましょう。自分の容姿や年齢、性格に合うお店を選んで求人応募すれば、不採用になる確立を減らすことができます。また、自分に合ったお店を選ぶことは、仕事の充実に繋がり、稼ぎにも大きく影響するでしょう。

● 年齢で選ぶなら・・・
  • 18歳~25歳 → 若専・ギャル専門店・ロリータ専門店
  • 25歳~35歳 → お姉さん専門店・人妻専門店
  • 20代後半~50代 → 人妻・熟女専門店
  • 50代以上 → 熟女専門店・シルバー専門店
● 性格や容姿のタイプで選ぶなら・・・
  • おとなしい性格 → 素人専門ヘルス、オナクラ、イメクラ
  • ぽっちゃり → ぽっちゃり専門店、デブ専門店、巨乳専門店
  • 長身 → スレンダー専門店、AV女優
  • 萌え系、黒髪 → ロリ系イメクラ、ヘルス
  • コスプレ好き → コスプレヘルス、メイドヘルス

その道のプロに頼ってみるのもあり

ノートを持つキャリアウーマン

この記事では、風俗の面接に関するあらゆることを書きましたが、読んでも分からないこともたくさんあるでしょう。そんな方は、恥ずかしがらずに、風俗業界に精通したプロに頼ってみるのもありではないでしょうか。ウーマンコンシェでは、コンシェルジュが完全個別対応。女性お一人ひとりに、面接採用のコツをアドバイスしたり、面接の練習相手になったりします。面接官に好印象なヘアメイクの仕方も伝授。「風俗店の面接に合格したい」という方は、どんな些細なことでもご相談ください。

コンシェルジュに相談してみる

記事投稿日:2016.06.22

お悩み解決&お役立ち情報 TOPへ戻る