セックスワーカーのお悩み&お仕事お役立ち情報

ヘルスやソープで売れる風俗嬢はセルフプロデュース上手

ヘルスやソープランドなどの風俗店では、接客テクニックを身につけたり、写メ日記や個人ブログを頻繁に更新したからといって、指名客が増えるわけではありません。売れる風俗嬢が共通して持ち備えているのはセルフプロデュース力。どうすればよく見えるか、指名が取れるか、自分の持つポテンシャルを最大現に発揮する方法を知っているのです。

目次

1.お客様からの評価や稼ぎ面で損しているかも?
2.セルフプロデュース力を身に着けましょう
自分自身を分析する
「見た目」にこだわる
キャラクター作り
3.売れっ子になるためのセルフプロデュース

お客様からの評価や稼ぎ面で損しているかも?

チェック

あなたはいくつ当てはまりますか?

  • メイクや髪型、ネイルにはこだわらない
  • 体系に似合う下着や洋服がわからない
  • 季節感を意識しない
  • 流行やトレンドにはこだわらない
  • 写真にこだわらない
  • 自分の強みやチャームポイントがわからない
  • 「こんな風に見られたい」というイメージがない

上記に当てはまる項目の多い方は、お客様からの評価や稼ぎ面で損をしている可能性があります。セルフプロデュース力を高めて売れる風俗嬢を目指しましょう。どんな風に?そんな女性のために、次項でセルフプロデュース方法について詳しく紹介します。

セルフプロデュース力を身に着けましょう

セクシーな見せ方

自分自身を分析する

なりたい自分をイメージ

自分はどういう風になりたいのか、誰に憧れているかなど、なりたい自分をイメージしてみましょう。現在の自分自身に何が足りていないのか、どうすれば理想に近づけるのか、客観的に見えてきます。ただし、理想を持ちすぎて、自分らしさや個性を見失わないように。

アピールポイントは何か?コンプレックスも強みにできる

これだけは人に負けないというアピールポイントが、接客をする上で大切になります。風俗やAVなどのセックスワークでは、コンプレックスが武器になることも。例えばぽっちゃりさんの場合、大きいバストや大きいヒップが売りになるので、それを専門とする風俗店や作品に出演すればしっかり稼ぐことができます。

「見た目」にこだわる

サングラスを持つ女性

衣装

イメクラでは制服やコスプレ姿、SMクラブではボンテージスーツ、ソープランドではドレスやベビードールを着ることがありますが、他の業種は基本的に服装自由です。お店のコンセプトやお客様の趣味に合わせて、可愛い系、清楚系、お姉さん系など、自分に似合う年齢相応のファッションを心がけましょう。高級店で働く場合は上品さが必須。デートに着ていくような服をイメージして、カジュアルすぎず、女性らしいスタイルにこだわると好感が上がります。

下着

風俗で働くには、衣装より下着選びが重要です。Tバックやガーターベルト着用のルールを設けている店舗もありますが、基本的には上下揃っていればOK。安くてもそれなりの見栄えがあれば構いませんが、雰囲気作りのため高級ランジェリーにこだわる女性もいます。バリエーションの豊富さがリピートしてくださる指名客を飽きさせないためのポイント。マメな下着の入れ替えで、自分の身体をセクシーに演出しましょう。

パネル写真

風俗で働く際の売り上げは、パネル写真にかかっているといっても過言ではありません。たいていの場合、風俗店はプロカメラマンと契約しています。自分をよく見せるための表情やポージング、撮影する角度など教えてもらって、最高の一枚を撮影しましょう。また、定期的な写真撮影をすることによって、本指名のお客様を飽きさせず、フリーの新規客もつきやすくなります。ライバル嬢や他店ランカーの写真をチェックして、いい仕草やポージングは盗みましょう。

キャラクター作り

膝を組む女性

たまに弱い部分を見せる

可愛いだけ、キレイなだけでリピーターを増やすことはできません。男性はギャップ萌えしがち。たまに弱くて健気な部分(隙)を見せることで、「大切にしたい」「守ってあげたい」と思うようになります。

少しミステリアスな部分を残す

お客様には、自分のすべてをさらけ出さず、少しミステリアスな部分を残しておきましょう。人間は未完成なものや謎に魅力を感じる性質を持っているため、「もっと知りたい」と思わせることがリピートにつながるのです。

写メ日記の活用

風俗嬢はほとんど皆やってる、風俗ポータルサイト「ガールズへブン」の写メ日記。プライベートオフショットの公開はリピーターへのファンサービスであり、また性格や内面を知ってもらうことで新規客を掴むきっかけにもなります。

売れっ子になるためのセルフプロデュース

黒いスーツの女性

風俗店で「もっと売れたい」という女性は、自分に合わせたセルフプロデュースを練ってみてはいかがでしょうか。また、高収入のセックスワークに興味があるけど自分に自信がない、自分らしく働けそうな業種が分からないという方は「ウーマンコンシェ」までお気軽にご相談ください。

コンシェルジュに相談してみる

記事投稿日:2016.06.23

お悩み解決&お役立ち情報 TOPへ戻る

関連するコラム