セックスワーカーのお悩み&お仕事お役立ち情報

東京五輪開催で風俗一斉摘発の可能性あり!?安全に働くなら大阪へ

オリンピック旗と各国の国旗

「都内の風俗店が潰されるかもしれない」
2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、風俗業界に不吉な噂が流れています。日本では国際的イベントの開催時に、外国人観光客に向けて健全さをアピールするため、性風俗業界など「見せたくないもの」を過剰に取り締まります。これまで、花の万博や日韓ワールドカップ開催時には、多くの風俗店が摘発を受け廃業に追い込まれました。

目次

  1. 国際的なイベント時に一掃される風俗
  2. 東京五輪で都内の風俗店規制は必至
  3. 大阪は安心。出稼ぎも視野に入れてみては

国際的なイベント開催時に一掃される風俗

日本では、多くの外国人観光客が訪れる国際的イベントが開催されるたび、環境浄化の名目で風俗店を摘発します。1990年「大阪花の万博」、2002年「日韓ワールドカップ」、2005年「開国博Y150」が行われたとき、風俗業界に激震が走りました。

1990年 花の万博・EXPO’90(国際花と緑の博覧会) / 大阪

大阪市鶴見区と守口市に跨る鶴見緑地で開催された国際博覧会。同時期に関西国際空港の開港もあり、1992年には大阪市内キタ・ミナミのソープランドが一斉摘発を受けて全滅しました。これにより、関西のソープランド街は滋賀の雄琴、兵庫の福原、和歌山のぶらくり丁のみに。大阪では、今のホテルヘルスの前身となるマンションヘルス(通称マンヘル)という新業態が誕生しました。

2002年 日韓ワールドカップ / 全国

FIFA日韓ワールドカップの開催時、東京都内を中心にソープランドや箱ヘルなど大規模な風俗店摘発がありました(のち2013年には石原慎太郎元都知事によって歌舞伎町浄化作戦が決行されることに)。また、仙台でも競技場が退会会場として使用されていたため、随一の歓楽街国分町の風俗店が摘発を受けることに。

2005年 開国博Y150 / 横浜・黄金町

神奈川県横浜市で横浜開港150周年記念行事として開催された地方博覧会。大阪の飛田新地、沖縄の真栄原社交街に並ぶ3大ちょんの間街のひとつ、黄金町のちょんの間は神奈川県警察署の「バイバイ作戦」によって壊滅状態になりました。

東京五輪で都内の風俗店規制は必至

万博やW杯など、国際的な大イベントのたびに規制を受けてきた性風俗業界。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、吉原、新宿歌舞伎町など東京都内で風俗店が規制されることは必至。とはいっても、警察から摘発されるのは、本番行為や援助交際の斡旋、未成年を雇用したり、警察に届出を提出していない「違法店」のみです。優良店で働いていれば、摘発対象になる心配はありません。

風俗店以外も警察に狙われている

デートクラブや交際クラブは売春の温床という見方があり、警察にマークされているとの噂が。また、メイド喫茶やJKリフレ、児童ポルノを連想させるアニメ、ゲーム、漫画が並ぶ秋葉原の大浄化があるのではというコラム記事(東京五輪でアキバ大浄化の波が来る!?)もありました。

大阪は安心。出稼ぎも視野に入れてみては

東京五輪・パラリンピック開催に際して、都内ではいつ風俗店が摘発されるか分かりません。これから風俗店をお探しの方は、摘発の危険が少ない大阪へ出稼ぎするのもひとつの選択肢。女性への負担を少なくするため、交通費支給やマンション寮を完備している風俗店もあります。安全安心、集中して稼げる環境を紹介してほしいという方は、セックスワーカー支援団体「ウーマンコンシェ」までお気軽にご相談ください。

コンシェルジュに相談してみる

記事投稿日:2016.07.04

お悩み解決&お役立ち情報 TOPへ戻る

関連するコラム